癌は転移する前に治療することが肝心|死に至る怖い病気

サプリメント

完治が難しい病気

細胞は目に見えない大きさ

看護師

癌の治療は、現代の医学においても完治させることが難しい病気の一つです。外科手術などの技術は格段に向上していますが、困難である理由は目に見えない細胞まで切り取ることができないことと、転移する可能性があるからです。癌細胞は目に見える形に成長している場合すでに数えきれないほどの細胞に埋め尽くされています。そのすべてを外科手術で切り取りますが、取り残してしまう場合もあります。目に見えない以上、すべてを取り切ったと判断することは難しいのです。そして取り残した細胞が成長していくのを再発と呼んでいます。また癌細胞はリンパ節や血液などに乗って他の部位へ細胞を転移させる性質を持っています。もちろんすべての癌細胞ではありませんが、この転移による再発も考えられるのです。

100パーセントはない

癌の治療は早期発見が有効と呼ばれていますが、これは初期段階であれば、がん細胞の侵食している部位が小さいため患者の体に負担をかけずに切除することが可能であるという意味になります。進行して転移までするとすでに外科手術で対応できる範囲を超えてしまうため、抗がん剤治療や放射線治療などで治療することになります。しかしこの場合癌細胞を物理的に切除する方法でないため、どうしても残ってしまう可能性が高くなります。そのためあくまでも延命のための処置であり、完治するための治療にはならないのです。完治させるには初期段階の小さな状態で正常な細胞を包んで切除することが必要なのです。初期治療においても癌を100パーセント除去できるとは限らないのです。