癌は転移する前に治療することが肝心|死に至る怖い病気

サプリメント

増殖を抑えた治療法

1つの場所だけに限らない

女性

癌ができてしまうと、治療をしてもしばらくしてから転移していたというのはよくあります。この転移とは、本来癌が発生した場所より離れたところに癌の一部が移ってしまうことで、それが臓器であったりリンパ節であったりします。なぜ、このようなことが起きてくるのかは、癌は血液やリンパ液に混ざって循環していくので、他の部分に移ってしまうのです。転移を繰り返すことで危険な状態になってしまうこともあり、これを阻止するためにあらゆる治療が行われます。癌が見つかれば、最初は手術で摘出していくことになりますが、転移のことも考えてその部分を大きめに切除していきます。例えば胃の一部分だけであっても、胃全体を摘出したり、その周りにあるリンパ節も一緒に行うことも多いです。その後に、放射線治療や抗がん剤などによって転移をする可能性を極力抑えていきます。このようないろいろな治療が同時に行われることは珍しくありません。これで経過観察をしていくことになるので、限られた期間内に転移が見られなければ完治ということも期待できます。

原因と徹底的な治療体制

この転移は、癌によって起こりやすかったり、起こりにくいことがあります。起こりやすい種類には、肺や胃、そして乳房などです。これらは周りに血管やリンパ節が密集しているため、癌がそれで元の場所から移動しやすくなるからです。逆に、起こりにくい種類は、子宮頸部や甲状腺です。癌が血管がリンパ節に混ざっても、これらはもともと体の中心から離れた位置にあるので可能性は低いです。このことから、起こりやすい種類はそのことも考えて慎重に治療が進められます。手術後に行われる放射線療法は残っていた癌を効果的に小さくしていき、痛みを生じないことから負担も軽いです。そして、血液やリンパ液に混ざった癌は、抗がん剤が除去していくことになります。こういった流れから、徹底的に転移を抑えていくので、増殖や再発の可能性を防いでくれます。